看護師不足の影響

看護師の求人募集はかなり多いことを知っているでしょうか?

看護師はこの不景気で就職難の現在でも数多く募集されています。看護師の求人がこれだけ多いのは、看護師の数が不足していることが原因で、看護師になる数は毎年3万人もいるとされていますが、それとは反対に看護師を辞める人は毎年それをはるかに上回っていると言われています。

仕事を探す看護師には、看護師の求人が多いことは有利ですが、看護師が不足したままだとそれは私達にも大きく影響することで、看護師や医師不足が問題になっていることで医療現場は大きく混乱してしまい、十分な医療を受けられないということが起こってしまうことになり、場合によっては私たちの命に関わってくることになるのです。

看護師の求人が多い理由

現在日本では就職難が大問題となっているのですが、看護師の求人の数はどんどん多くなっている状況です。

看護師の求人が多いのは、看護師の数が不足しているからで、それにはいろいろな原因があります。

現在看護師の数は現在全国で5万人以上不足していると言われています。看護師になる人は毎年3万人で、普通に考えればそれで十分看護師不足を解消することができると思いますが、看護師になる人は多いとしても、看護師を辞めている人はそれ以上で、看護師を辞めていく人は看護師になる人よりも1.2倍にもなると言われています。

これが看護師不足の大きな要因で、看護師を辞めていく理由は結婚や出産ということあるようですが、看護師の職場が人手不足のせいで、あまりにも過酷だということも大きな原因になっていると言われているようです。

看護師になる覚悟

日本ではどこの業界も人手が余っている状況だと言われていますが、医療現場に関しては医師も看護師もかなり不足している状態にあります。

そのため看護師の就職はかなり有利な状況にあり、看護師を募集している医療機関などの数は、全国で5万人以上に及ぶと言われています。

看護師の求人募集は高齢化社会が続くこの先もどんどん多くなると言われていて、看護師になれば就職には困らないとされているのですが、看護師の仕事はとても忙しく人間関係も厳しいと言われているので、看護師になるには相当な覚悟もいると思います。

それに看護師になるためには看護師専門の勉強を指定された学校で行って、その後で看護師の国家資格を取得しなければいけないので、誰でも簡単になれるものではありません。